2014年07月12日 02:06

158.jpg

ブログなのでたまにはブログらしくひとりごとをぽつっと。

私は基本的に知人以外から無償のご依頼はお断りさせていただいております。
それはお金がもらえないからではなく、「約束」が守られない事があるからです。

描いてほしい!と言ってもらえることは、本当に嬉しいことなので無下にしたくはないのです。
依頼する人はその人の成果物を使う「約束」を、クリエイターは成果物を渡す「約束」をするとします。
無償はその「約束」を守ってもらえなかった時のリスクが大きすぎるのです。
こういうかきかたをすると堅苦しいですが、「依頼者に使ってもらうこと」が「報酬」だとするなら、その「報酬」がもらえないことがある。
こちらはその「報酬」のために、自分の「時間」を代価に支払っています。
渡した後音信不通になり使ってもらえなかったこと、2枚必要といわれて渡したらなんの連絡もなく一枚しか使用されていなかったこと。後から必要なくなったといわれ一枚無駄になってしまいました。どちらもせっかく作ったのに必要とされなくなってしまいました。
とても悲しかったです。二度と同じ人から引き受けるものかと思いました。
双方に金銭的問題は発生していないから別にいいじゃん!と思う人もいるかもしれません。それが嫌だからお断りするようにしたのです。

有償の場合その約束が確実だからです。確実でなければお金も誓約書も必要ありませんから。
こちらは相手の指示する「内容・納期」を必ず守り、相手は成果物に対する「料金」を必ず払う。絶対的な信頼関係があります。

人に何かを頼むというのは相手の大事な時間を頼んだ人が奪うという事です。
頼めばやってくれるから!何かあっても友達だから怒らないよね!とか、無責任に軽く考えている方は頼む前にどうかよく考えてみてください。友達だろうとなんだろうと約束やぶられたりあれこれ無茶ぶりされれば怒ります。
ホウ・レン・ソウがとっても大事なんです。何も連絡無しに使われないのが一番むっときます。

人と人とのやりとりですから、相手の事もきちんと考えて、気持ち良くやりとりしたいですね。



っていきなり言いだしたのは友達が膨大な量を無償でやっていてまちぼうけくらっててその理由説明がなんとも適当で無責任だな!?と思ったからであります。ひとになにか訴えるのへたくそなくせに長々偉そうにかいちゃってすいませんでした!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)